エステは本来「リラックスする場所」です。人体を美肌にしたり、体を細くしたりすることは出来ないのです
法律でもそれはしっかりと定義されています。だからエステに携わる人は全員が無資格者なのです。

医学的にも「部分やせ」は出来ないと言われています。医学で出来ないことをエステの無資格者では
出来るわけがありません。それを踏まえてエステの効果は個人差はあるにせよ、どのくらい持続するのでしょうか?
エステの下半身痩せは効果が実証されていませんから、誰がやっても効果はないです。なので「個人差は生じない」のです。

何故ならエステの施術ではどんなコースでも効果が実証されているものがないからです。
例えば医薬品(薬)は国が二重に検査した「臨床データ」というものがあります。
ある一定数に効果があると認められたものだけが薬として認可されますが
風邪の人が風邪薬を飲んで効果がない場合は「個人差がある」と言えるのですが、
足のむくみを取りたい人が風邪薬を飲んでも効果がない場合は「個人差」とは
言いません。効果がなくて当たり前なのですからね。

足が細くなるのが目的でしたが、実際に体験コースを行い、むくみと新陳代謝をよくして頂き、足が軽くなったのでこれだけでも十分かなと思っているのですが、これはエステじゃないと出来ないことでしょうか?

リラックスする場所として7万円の価値があると判断したらそれは問題ありません
しかし無資格者のエステの人間が新陳代謝を良くしたり、むくみを取ることは
出来ません。足が軽くなったのであればそれはマッサージに行っても効果は同じでしょう

そもそも「セルライト」というものがどういうものなのか、医学用語ではなくエステ用語ですからよくわかりませんが
おそらく脂肪 それに類似することを挿しているでしょう。
エステの施術でそれは出来ません。またそのクリームに「セルライトを分解する」と記載はありますが絶対にないですよ。